頭皮と髪の関係

ボリュームアップしたい!頭皮と髪の関係とは。

20代の頃は、思い通りのスタイルに決められたのに。
男性、女性に関係なく30代、40代と年齢を重ねるごとに増えてくるのが髪のお悩みです。

抜け毛・薄毛など加齢に関係する髪のトラブルでは、頭皮と髪の状態を知ることが大切。

健康な髪を育てるためにも、健康な頭皮を作ることが重要です。
あなたの頭皮と髪の関係をより良いものにしてあげてください。

頭皮と髪の関係



髪が育つヘアサイクルが変化

人間の髪は、年齢とともに薄毛、抜け毛、ハリコシ不足、うねりなどのトラブルが出てきます。
年齢が原因とされる髪トラブルの原因は、ヘアサイクルの変化にあります。
※ヘアサイクル・・・髪が生えて抜け落ちるまでの周期のこと

 

あなたの髪にハリコシがなくなったと感じているなら、
ヘアサイクルの変化が起こっている可能性があります。

 

髪のヘアサイクル

頭皮と髪の関係

(画像引用元:http://blog.meltin-pot.gonna.jp/?eid=1000707)

 

髪のサイクルは、イラストのようにくり返しています。
抜けては生え、生えては抜けるがうまく回っている十代は、髪のトラブルはほとんど起こりません。

 

早い人では20代から髪のサイクルが崩れ始めます。
ヘアサイクルがみだれる原因として、ストレス・ホルモンバランス・睡眠不足・食生活などたくさんのことが考えられます。

 

髪が細くなるのも、抜け毛も薄毛も全部ヘアサイクルの崩れが大きく関係しています。

 

頭皮には、無数毛根があります。毛根は髪の根っこの部分です。
正常な頭皮の場合は、毛根全体の90〜95%が正常なヘアサイクルをしています。
残りの5%〜10%はヘアサイクルを行わず休眠状態になっています。
正常な状態で毛根の5%〜10%が休んでいるなんて驚きです。

 

年を取ると、ヘアサイクルの変化が起こります。
なんと活動中の毛根の割合が減り、休眠中の毛根の割合が増えてしまいます。
女性でも、更年期になってくると頭皮にある毛根の85%程度しか活動をしてくれません。

 

 

最近薄毛になったとか髪が細くなったと感じるのはナゼ?

活動中の毛根の割合が下がるからなんです。
お休みの毛根が増えると、髪全体の密度が減ってしまいます。
髪を育てる力も、年齢とともに減少します。

 

髪の密度

 

毛根は髪の種です。
ガーデニングでは、種に水をやり肥料をやるといった世話が必要です。
毛根にも栄養や環境を整えてあげることが必要です。

 

頭皮は毛根の土。
やせた栄養のない土では、種が育たないように
髪の土台である頭皮を健康にしないと、健康な髪は育ちません。
休眠状態の毛根が増えるだけです。

薄毛・抜け毛・ぺたんこ髪の対策は、頭皮環境を整えることから

健康な頭皮を作ると髪の成長に必要な血液の流れが良くなります。
毛根に栄養を運んでくれるのは、頭皮に張りめぐらされている毛細血管です。
毛細血管の流れを良くすれば、休眠状態の毛根にも栄養が届けられ、ヘアサイクルの正常化に役立ちます。

 

頭皮のマッサージをしよう

直接頭皮をマッサージすることで、血流を良くしてあげることができます。
頭皮と顔の皮膚はつながっているので、顔のリフトアップ効果も期待できますよ。

 

頭皮を清潔にしよう

頭皮の状態を良くするには、余分な皮脂・汚れを取り除くことがポイントです。
洗いすぎると、乾燥状態になってしまいフケ・かゆみが出やすくなります。
洗浄力のやさしいシャンプーを使って、潤いのあるベストな状態にしてあげましょう。

 

 

元気な毛根のヘアサイクルを保ち、休眠状態の毛根を活性化させるのは頭皮しだいです。
頭皮が悪いと髪はよくなりません!

 

頭皮と髪を良い状態にするためにも、育毛剤・シャンプーを慎重に選ぶことが大事です。
洗浄力の高すぎる市販のシャンプーではなく、
洗浄力がマイルドで頭皮に潤いを与えてくれるシャンプーを選んでください。

 

まとめ

頭皮は、髪の土台。
頭皮環境を良くするために、シャンプー・育毛剤の活用を。

 

2年後、3年後も健康な髪を育てるには頭皮ケアから始めてください!