女性 抜け毛の原因と対策

【女性版】 抜け毛の原因と対策

抜け毛は男性といったイメージがありますが、最近は女性の抜け毛の悩みも増加しています。
男性型抜け毛と女性型抜け毛の原因はどこが違うのでしょうか。

 

また、女性型抜け毛を防ぐ方法は、どんな方法が有効なのかもご紹介します。
もし、あなたが最近抜け毛が増えたと悩んでいるなら、ぜひ参考にしてください。

 

女性の抜け毛の原因

女性型抜け毛 3大原因

女性ホルモンのバランスが崩れている

女性の薄毛の場合、男性の薄毛とは違って、髪の長さはある程度保たれています。
しかし、髪1本1本が細くなってしまい、ハリやコシ、ボリュームがなくなっていきます。
(※詳細は頭皮と髪の関係参照)

 

髪の密度が少なくなったり、髪が細くなるといった
「髪の加齢変化」は、頭皮の血流不全も原因の一つとして考えられます。
さらに更年期障害に代表される女性に特有なホルモンバランスの崩れが一因だとも考えられています。

 

バストの崩れ、髪のハリコシ・ボリュームの減少、しわの増加、おしりの垂れ下がりなども気になるようになってきます。

 

20代までは、抜け毛に関与する男性ホルモンの一種テストステロンは
、男性の約5%程度しか女性には存在しません。

 

しかし、40代頃を過ぎると、体内の女性ホルモンが減ってしまいます。

 

女性ホルモンが減ると、男性ホルモン(テストステロン)の量は変わらなくても、相対的にテストステロンの割合が増加してしまいます。

 

女性ホルモンの割合:例

 

20代の女性
女性ホルモン 95 男性ホルモン 5 全量 100 ・・・・・ 女性ホルモン95% 男性ホルモン 5%

 

40代を過ぎた女性
女性ホルモン 65 男性ホルモン 5 全量 70 ・・・・・ 女性ホルモン93% 男性ホルモン 7%

 

※数値は参考値

 

このように、男性ホルモンの割合が相対的に増加してしまうことで、
ヘアサイクルが短くなり髪の毛が細くなっていきます。

 

同じ髪型を長期間続けている。パーマ・ヘアカラーが欠かせない。

ポニーテールのように長時間同じ部分の髪が引っ張られる状態を続けると、
牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)と呼ばれる状態になることがあります。

 

ロングヘアーの方で、毎日同じ分け目ばかりだと
髪が重力に引っ張られることで牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)が起こる可能性もあります。

 

髪の分け目が薄くなったように感じる方は、分け目を変えてみるのも一つの解決策です。

 

 

パーマ・ヘアカラーはおしゃれには欠かせないものです。
しかし、髪が受けるダメージは見逃せません。

 

なぜ、パーマ・カラーで髪のダメージが大きくなるのか。
理由は簡単です。

 

もともと髪は頭皮から出ている部分は死んだ細胞の集まりです。
髪を切っても痛みを感じないのは、髪に神経・血液が流れていないからです。

 

神経・血液が流れていないと言うことは、髪に栄養を運ぶ手段はありません。
生えた髪を、後から健康な状態にすることはものすごくむずかしいことなんです。

 

髪の状態を良くするためには、髪が生える最初の状態をいかに良くするかにかかっています。
髪が生えた後に何をしても髪の性質はほとんど変えることはできません。

 

修復の難しい髪に直接ダメージを与えるような
パーマ・ヘアカラーをくり返し行なうことは止めましょう。

 

パーマ・ヘアカラーは化学薬品を使うので、
髪だけではなく頭皮の状態にも影響があります。

 

ケミカルアレルギーの人では、頭皮に炎症が起こりやすく
抜け毛の原因にもなります。

 

きれいなロングヘアーを目指す方は、伸ばしはじめにパーマ・カラーは控えるようにしてください。

 

間違ったヘアケア・ダイエット・食生活

抜け毛と女性ホルモンのバランスは、かなり重要な関係です。
ホルモンを整えるためには、正しい生活リズムが大切です。

 

自分の体に合った、食事・睡眠・運動を心がけてください。
過度のダイエットで食生活がみだれたり、睡眠時間が削られたりすると抜け毛が増える環境になります。
髪に良いレシピも紹介していますので、毎日の献立に役立ててください。

 

最後に、最も多くの女性がやってしまっているのが間違ったヘアケアをしていることです。
髪に良いと聞くだけで、自分の髪・頭皮に全く合わないシャンプー・トリートメントを使っている女性がたくさんいます。

 

シャンプー・トリートメントは、髪質や頭皮の状態(脂性・乾燥など)を踏まえた上で使うべきモノです。
市販のシャンプーでは、洗浄力が強すぎていくら頑張っても抜け毛が減らないことに。

 

高いシャンプーを使っても、あなたの髪質に合ってないときは残念な結果にしかなりません。

抜け毛を減らす対策

洗浄力のやさしいアミノ酸系シャンプーを使う

 

抜け毛を減らしたいときは、頭皮・髪にやさしいアミノ酸系シャンプーがおすすめです。
抜け毛を減らすには、ヘアサイクルを正常に戻してあげることを目指しましょう。

 

洗浄力のやさしいアミノ酸シャンプーで頭皮・髪をやさしく洗い上げてください。
頭皮の状態も良くなり、ヘアサイクルも戻ってくれます。

 

市販のシャンプーとアミノ酸系シャンプーの違いは洗い上がりと髪へのやさしさです。
市販のシャンプーは石油系の成分が多く使われています。
アミノ酸系シャンプーには天然由来の成分が多く含まれています。
どちらが髪に良いかは、明らかです。

 

女性用育毛剤(髪の美容液)を取り入れる

育毛剤と言えば、男性のイメージが強いです。
薬局に置いてあるリアップなどが育毛剤のイメージではないでしょうか。

 

最近では女性用に開発された、
女性の髪のための育毛剤も発売されています。
育毛剤と言うより、髪の美容液というほどの品質です。

 

徹底的に頭皮のことを考えて作られているので、
抜け毛予防・抜け毛対策には取り入れたいヘアヘアの一つです。

 

女性用育毛剤は、男性用に比べておしゃれでかわいらしいので
洗面台やお風呂に置いておいても育毛剤と分かりません。

 

お友達がお家に遊びに来られても、女性用育毛剤と気づかれないので
安心して洗面台に置いておくことができます。

 

本格的な抜け毛対策をするなら女性用育毛剤は、強い味方になってくれます!

 

デルメッド